がん保険の選び方 - 保険相談 見直し.jp - 北九州

HOME > がん保険の選び方 >

がん保険の選び方

がん保険では、入院給付金よりも診断給付金を優先すべきって本当ですか?

【ご相談事例】

先日、がん保険は入院給付金よりも診断給付金を優先した方が良いという話を聞きました。
これは本当ですか?

【ご回答】

現行のがん保険商品は、「診断給付金、入院給付金、手術給付金がトータルで受け取れるタイプ」「診断給付金(がん診断一時金)に重点が置かれているタイプ」この2つが主流となっています。

この2種類の保険ですが、どちらが優れているという訳ではなく、がん保険に加入される方の「がんの備えに対する考え方」によって、自分に合った保険商品を選べるようになっています。

例えば、がんと診断された場合、まず真っ先に「将来的な不安や治療費に関する悩みを取り除きたい」と考える方であれば、比較的手頃な保険料で高額の診断給付金が支払われる「診断給付金に重点が置かれているタイプ」のがん保険が適しています。

このタイプのがん保険は、主契約に手術給付金や入院給付金がついていませんが、少ない保険料で200万円~500万円といった、高額の診断給付金を備えられるという特徴があります。
がんと診断された際、まずは金銭的不安を取り除き、一時金で入院・手術・通院にかかる費用もカバーしたいという考えの方に合った保険なんですね。

一方、がんの治療において、手術や入院、通院などに必要となる費用を、その都度受け取りたいという方であれば、「診断給付金、入院給付金、手術給付金がトータルで受け取れるタイプ」のがん保険の方がおすすめとなります。

がん保険において、入院給付金・診断給付金どちらを優先すべきかは、加入される方の考えに大きく左右されると言えるでしょう。

がん保険選びに関するご質問は、弊社FPへ是非ご相談下さい。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 橋本美登里

運営会社情報

株式会社 宝進
株式会社 宝進
株式会社 宝進オフィシャルサイト

株式会社 宝進

営業時間/
月~金曜 9:00~19:00
第1土曜・第3日曜 10:00~18:00
※上記以外の土日祝、年末年始は休み

〒800-0226
福岡県北九州市小倉南区田原新町2-5-1-106号

TEL/ 093-474-3000
FAX/ 093-474-3333

アクセスマップ

■北九州小倉法人会 理事

■北九州小倉法人会 女性会副部会長

■北九州小倉法人会 第10支部副支部長

■AIUモデルエージェント認定代理店

■AIU MGA認定代理店

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。